【ベルリン、パリ時事】ドイツ政府は15日、新型コロナウイルス感染拡大阻止のため、対フランスなど一部の国境を16日午前8時(日本時間午後4時)から封鎖すると発表した。一方、スペインのサンチェス首相は14日、非常事態を宣言。住民の外出を制限し、生活必需品を扱う店以外の国内全ての店舗を休業とした。仏政府も同日、同様の店舗休業措置を取った。欧州では感染者の急増に歯止めがかからず、各国は強力な措置に踏み切った。
 ドイツが国境を封鎖するのは、仏、スイス、オーストリア、デンマーク、ルクセンブルク。期限は未定で、物流や通勤、ドイツ国民の帰国などを除き、入出国を原則的に禁止する。 (C)時事通信社