参院予算委員会は16日午前、安倍晋三首相と関係閣僚が出席し、新型コロナウイルスへの対応などをめぐり集中審議を行った。首相は、先進7カ国(G7)首脳のテレビ会談を日本時間の同日午後11時から行うことを表明した。自民党の猪口邦子氏への答弁。
 首相は「世界で協力して立ち向かっていくことについて議論を行いたい。諸外国と力を合わせてこの難局を乗り越えていきたい」と強調。世界経済の現状を踏まえて「しっかり結束し、対応していこう」と呼び掛ける考えを明らかにした。これに関し、菅義偉官房長官は記者会見で「日本の感染拡大防止策についても発信する」と説明した。
 自民の山田太郎氏は、感染拡大を受けた経済対策として消費税減税を求めた。首相は「日本経済を再び力強く成長させるために、相当思い切った対策を講じていかなければならない」と述べたが、減税について直接の言及は避けた。
 立憲民主党の蓮舫参院幹事長は、児童手当の仕組みを利用した子育て世帯支援の増額などを要求。首相は「電気料金など公共料金の支払いすら難しいといった方々が出てくることが懸念される。今週中に(対策を)まとめていきたい」と答えた。
 審議冒頭、金子原二郎委員長(自民)は、東日本大震災の際に検察官が最初に逃げたという答弁をめぐり、森雅子法相を注意。森氏は「個人的な評価を述べたことは不適切だった」と重ねて陳謝し、発言を撤回した。蓮舫氏は森氏の更迭を要求したが、首相は応じなかった。 (C)時事通信社