国内では16日も、新型コロナウイルスの感染確認が相次いだ。北海道で80代男性、名古屋市で70代と80代の男性2人、兵庫県で80代男性が死亡し、国内で確認された死者は28人となった。
 北海道によると、死亡した80代男性は入院時に重症で、基礎疾患として呼吸器疾患があった。
 16日は北海道と兵庫県で各4人の感染が確認されたほか、新潟県で3人、愛知県と大阪府で各2人、群馬、滋賀両県で各1人の感染が新たに判明した。
 このうち新潟市の2人は市立山潟保育園の職員。同保育園では9日にも職員の感染が確認されている。
 大阪府の2人は大東市の未就学男児とその母親。神戸市で陽性と判明した40代男性は発熱の症状が出る前、タイに渡航していた。同市は関連を調べている。 (C)時事通信社