【クアラルンプール時事】マレーシアのムヒディン首相は16日夜、テレビ演説し、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、18日から31日まで全土を対象に移動制限を実施すると発表した。事実上の封鎖措置となる。
 学校や民間企業を閉鎖する一方、スーパーやコンビニの営業は認める。公共交通機関や医療機関、銀行など生活に不可欠な業種も対象外とした。
 ムヒディン氏は「抜本的な対策を速やかに講じることで感染拡大を防ぐ。食料品や医薬品などは十分足りている」と国民に理解を求めた。
 マレーシアの感染者数は16日時点で累計553人で、死者は出ていない。 (C)時事通信社