【ニューヨーク時事】米東部ニュージャージー州のマーフィー知事は16日、新型コロナウイルスの拡散防止のため州民に対し午後8時から午前5時まで不要不急の外出を控えるよう強く要請した。また西部カリフォルニア州サンフランシスコのブリード市長もツイッターで、必須の場合を除き自宅にとどまるよう市民に求めた。
 マーフィー知事は「(外出規制は)当面は続けられる。全員自宅にとどまり、外出しないでほしい」と呼び掛けた。州民の健康や安全、福祉に直結しない小売店などについても午後8時以降の閉店を要請。日中の営業では客を50人未満に制限するよう求めた。
 一方、ニューヨーク、ニュージャージー、コネティカットの東部3州と首都ワシントン(コロンビア特別区)は16日、集会を50人以下に制限すると発表。16日夜(日本時間17日午前)からレストラン、バーは持ち帰りや配達に限定され、映画館やジム、カジノは閉鎖される。 (C)時事通信社