【グローブニューズワイヤ】臨床病期向け治療薬開発会社のアルジェノン製薬はこのほど、米食品医薬品局(FDA)にIND(臨床試験用新薬)申請前のミーティングを要請したと発表した。この手続きに伴い、同社のNP-120(イフェンプロジル)をCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)による急性肺損傷(ALI)および急性呼吸窮迫症候群の治療および予防用途にリパーパシングする開発に関して、米FDAと公式に連絡が開始されることになる。IND申請前ミーティングの要請にあたり、概要説明書類一式が提出された。(C)時事通信社