埼玉県庁前の路上で少年鑑別所職員浅野法代さん(53)が殺害された事件で、文教大(同県越谷市)は17日記者会見し、殺人未遂容疑で逮捕された住所不詳、浅野正容疑者(51)が同大の人間科学部准教授と発表した。県警によると、2人は夫婦で別居中だった。
 同大によると、浅野容疑者は少年鑑別所や刑務所勤務などを経て、2007年4月から同大で臨床心理学や犯罪心理学を教え、15年に学部准教授になった。埼玉犯罪被害者援助センターの理事も務めている。
 益田勉・人間科学部長は「人柄は温厚で学生にも親切だった。大変驚いた」と述べた。近藤研至学長は「厳正に対処し、教育研究に支障が生じないよう学生の指導支援に当たる」と話した。 (C)時事通信社