愛媛県は18日、イタリアから帰国した松山市の30代女性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。女性は海外勤務の会社員で、14日ごろからせきなどの症状が出ていたが、16日にローマから帰国した際には成田空港の検疫を通過していた。同日中に帰宅して熱を測ったところ、37.5度あったという。
 千葉県では、16日にオランダから帰国した印西市の30代男性が感染。茨城県でも16日に欧州旅行から帰った20代男性の感染が明らかになった。
 旅行先のニューヨークから9日に戻った岐阜市の50代男性、タイから14日に帰国した宇都宮市の40代女性、北欧から16日に帰国した埼玉県の60代女性も検査で陽性となった。
 一方、兵庫県では、感染者が相次いでいる同県伊丹市のデイケア施設の利用者2人の感染が判明。うち1人は70代男性で、16日の死亡後に感染が分かった。18日はこのほか、福井県内でも初めて感染者が確認された。 (C)時事通信社