内閣官房の東京五輪・パラリンピック推進本部事務局は18日、橋本聖子五輪担当相がギリシャ出張を取りやめると発表した。アテネでの五輪聖火引き継ぎ式に出席するため18日出発を予定していたが、ギリシャが新型コロナウイルスの感染拡大を受けて入国者の隔離措置を行っていることなどを考慮した。橋本氏は、宮城県の航空自衛隊松島基地で20日、聖火の到着に合わせて行われる式典には出席する。 (C)時事通信社