大阪大は18日、新型コロナウイルス感染症のワクチンや検査技術の開発に着手したと発表した。ワクチンの早期実用化に向けた臨床試験の開始を目指す。国立研究開発法人などと連携し、新たな感染症に対応できる研究開発体制も整える。
 感染者の体内でできるウイルスへの抗体を血液から分離して効果の高いワクチンを作るほか、既存の治療薬の有効性も確かめる。遺伝子操作技術で新型ウイルスの遺伝子情報を解明し、感染初期か回復期かなどを評価できる検査法などの技術開発も目指す。ウイルスのサンプルは、大阪健康安全基盤研究所(大阪市)が提供する。 (C)時事通信社