北海道の鈴木直道知事は18日の対策会議で、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため打ち出していた「緊急事態宣言」を19日で終了すると発表した。鈴木知事は「爆発的な感染拡大と医療崩壊は回避された」と強調。今後は感染対策と社会経済活動の両立を目指す考えを示した。
 道は2月28日、感染者数が全国最多の危機感から、3月19日までを緊急事態宣言期間とし、週末の外出自粛要請や一斉休校などの対策を実施してきた。
 対策会議後の記者会見で、鈴木知事は宣言以前に比べて検査体制や病床が充実し、「新型コロナウイルスと闘う態勢が整った」と強調。その上で「経済活動への影響を最小限にする必要がある」と述べ、早急に対応を検討する考えを示した。
 鈴木知事は3週連続で週末の外出自粛を要請していたが、今後も風邪などの症状がある場合は外出を控えるよう呼び掛けた。 (C)時事通信社