【ワシントン時事】トランプ米大統領は18日、新型コロナウイルスをめぐって中国が反発する「中国ウイルス」の呼称を再び使い、「中国由来だからであり人種差別ではない」と主張、改めて正当化した。「中国は(新型コロナ感染の発生を)もっと早く知らせることができた」とも述べ、初動対応の遅れを批判した。ホワイトハウスでの記者会見で語った。
 また、中国外務省が中国駐在の米主要紙の米国人記者の記者証を無効にし、事実上の国外退去を求めたことについて「うれしいことではない」と不快感を示した。 (C)時事通信社