加藤勝信厚生労働相は19日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルス対策として政府が購入した再利用可能な布製マスク約2150万枚を、今週末から4月下旬にかけて介護施設や保育所などに配布すると明らかにした。最初に愛知県内の施設へ15万枚を送り、順次全国に拡大する。
 布製マスク配布は、政府がまとめた緊急対応策の第2弾に盛り込まれた。配布するマスクは2種類で、3月第4週に約1000万枚、第5週に約1150万枚の納入が見込まれている。自治体を経由せず、政府が直接施設に届ける。加藤厚労相は「現場のマスク不足に対応できるよう、しっかりと対応していきたい」と述べた。 (C)時事通信社