【ビジネスワイヤ】遺伝子分析バイオテクノロジー企業の米Arima・Genomicsは、クロマチン解析キット「Arima-HiChIP」の顧客評価を完了して発売したと発表した。Arima-HiChIPは染色体立体配座捕捉法(Hi-C法)とクロマチン免疫沈降シーケンス法(ChIP-Seq法)を組み合わせたもので、ゲノムの3次元構造を解析できる。特に研究対象遺伝子位置での長距離クロマチン相互作用の分析で強みを持つ。(C)時事通信社