厚生労働省は19日、新型コロナウイルスの感染が大幅に拡大した場合に備えるため、患者を重点的に受け入れる医療機関を定めるなどの医療体制整備を都道府県に求める方針を明らかにした。
 一方で、人工透析を受ける人や妊娠した女性など、ウイルスに感染すると重症化しやすい人が患者と接点を持たないよう、患者を受け入れない医療機関の設定なども促す。
 都道府県などへの通知では、あらかじめ受け入れ可能な病床を確保し、どの医療機関に搬送し受け入れるか調整する「調整本部(仮称)」の設置を求め、県をまたいだ調整は国が担うとした。医療機関に派遣する専門医らのチームの検討なども要請した。 (C)時事通信社