【ロンドン時事】世界の製薬大手各社で構成する国際製薬団体連合会(IFPMA)は19日、新型コロナウイルスのワクチンの共同開発などで連携すると発表した。新型コロナのパンデミック(世界的流行)が続く中、総動員体制で対応に当たる。
 IFPMA会長を務める米製薬大手イーライリリーのリックス最高経営責任者(CEO)は「パンデミックと闘うため、製薬業界はできることは何でもやる」と語った。
 世界の製薬大手は専門知識やノウハウを持ち寄ってワクチン開発を共同で進めるほか、治療法の確立や検査体制の拡充も目指す。ワクチン開発に成功した場合には、生産能力を共有して共同生産に乗り出す。
 IFPMAによると、現時点で新薬や既存薬の80件以上の臨床試験が進行中。少なくとも9社の会員企業がワクチンや治療法などの研究開発を進めているという。 (C)時事通信社