【ニューヨーク、シカゴ時事】米東部ニューヨーク州のクオモ知事は20日、新型コロナウイルスの感染拡大阻止へ、州内の全事業者に対し、全労働者の出勤を禁止し、自宅にとどまらせることを義務付けると発表した。スーパーや薬局など不可欠な事業は対象外。また、大都市シカゴがあるイリノイ州のプリツカー知事も20日、不要不急の外出を禁じる命令を出した。
 2州と既に外出禁止令を出しているカリフォルニア州の総人口は7000万人以上に上る。米国では感染者が1万8000人を超え、全米で市民の外出を規制する動きが広がっている。ただ、全米での実施に関し、トランプ大統領は「(必要と)思わない」と否定的だ。
 ニューヨーク州の20日の感染者は前日から2950人増え、7102人となった。州が検査の実施数を増やしたのが急増の大きな理由だ。
 州はこれまでに、学校閉鎖や店内飲食の禁止、出勤者の半減など連日新たな規制を導入してきたが、感染者が拡大し続けていることを受け、今回一段と対策を強化した。クオモ氏は「最善の方法は人の密集度を下げることだ」と強調した。 (C)時事通信社