【バンジュールAFP時事】アフリカ西部ガンビアのサマテ保健相は19日、首都バンジュールのホテルで新型コロナウイルス感染疑いのため隔離されていた一部が逃亡したと公表した。保健省は20日、逃亡者は18日に英国から入国した32人のうちの14人で、捜索が続いていると明らかにした。
 サマテ氏は「見るからに凶暴になった」一部がホテルのゲートを破壊したと説明。「とにもかくにも有害で、国全体を危険にさらす」と非難した。保健省によると、18日の入国者らの多くが当初から非協力的で、隔離先へ向かうバスに乗る際も言い争いが起きた。ガンビアでは17日に、英国から入国した女性に初めて感染が確認されたばかり。 (C)時事通信社