【北京時事】中国の習近平国家主席は、ドイツのメルケル首相に電報を送り、新型コロナウイルスの感染拡大について「公共衛生の危機は人類が直面する共通の挑戦だ」と指摘し、ドイツが必要とする支援を行う考えを伝えた。習氏は、フランスのマクロン大統領やスペインのフェリペ6世国王、セルビアのブチッチ大統領にも同様の電報を送った。国営新華社通信が21日報じた。
 新型コロナウイルスをめぐっては、トランプ米大統領が湖北省武漢市で感染が始まった段階での中国政府の対応の遅れを問題視している。習氏は欧州各国との連携を強め、批判を和らげようとしているとみられる。 (C)時事通信社