【ハノイ時事】ベトナム政府は22日、新型コロナウイルス対策として、すべての外国人の入国を一時停止した。外交官などの場合は関係省庁が必要に応じて判断するが、入国時に隔離措置などを義務付ける。
 また、感染者の増加で国内の隔離施設が不足する事態を避けるため、外国の航空会社を含めベトナムに到着する航空便を最大限減らすという。
 ベトナム政府は18日、外交官らを除くすべての外国人に対するビザ(査証)の新規発給手続きを休止。21日には、日本人に認めてきたビザなし渡航措置を一時停止した。21日からは外国からのすべての訪問者を入国時の隔離措置の対象にしており、感染拡大の阻止へ相次いで水際措置を強化している。 (C)時事通信社