【シドニー時事】ニュージーランド(NZ)政府は23日午後1時半(日本時間同日午前9時半)に記者会見し、新型コロナウイルスの警戒水準を48時間後に4段階で最高の「レベル4」に引き上げると発表した。他人との接触による感染を防ぐため、国民は基本的に外出を自粛することになる。アーダーン首相は記者会見で「国として(国民を)自主隔離する準備に入った」と述べ、国民に協力を呼び掛けた。
 島国であるNZは当初、感染者が少なかったが、今月に入って米欧など海外からの入国者を中心に感染の増加傾向が鮮明になった。それでも21日に導入された新型ウイルス警報は当初、レベル2に設定。しかし23日朝時点、感染者は前日よりも36人増え、102人に上るなど急拡大している。
 発表によると、警戒水準をまずはレベル3に引き上げ、飲食店や映画館、図書館、博物館など日常生活に不可欠でないサービスを取りやめ、屋内外のイベントも中止にする。レベル4に移行後、外出は自粛してもらうが、近所を散歩することは認め、他人と2メートルの間隔を取るよう求める。日常生活に欠かせないスーパーマーケットや銀行、病院、薬局の業務は続けてもらう。 (C)時事通信社