【北京時事】中国のニュースサイト「財新網」は23日、中国疾病予防コントロールセンター(CCDC)関係者の証言として、新型コロナウイルスの感染が最初に拡大した湖北省武漢市で、無症状の感染者が「毎日数人から十数人確認されている」と報じた。中国政府は無症状感染者を統計から除外しており、23日の政府発表では、武漢市の新たな感染者は5日連続でゼロだったが、実質的には新規感染者の確認が続いているもようだ。
 財新網によると、同関係者は「まだ武漢の感染拡大が完全に止まったかどうか判断できない」と述べた。このため、全国から集まった医療支援チームが17日から撤収を始めたものの、一部は武漢市に残っているという。 (C)時事通信社