【香港時事】香港の林鄭月娥行政長官は23日、新型コロナウイルス対策で、香港居住者以外の入境を25日から2週間禁止すると発表した。「社交上の接触を減らす」ため、法的な手続きを踏んだ上で飲食店約8600軒での酒類提供も停止する方針を示した。
 長官は「ウイルスの流行状況は大きく変化しており、協力して防疫のために戦う必要がある」と強調。中国本土とマカオ、台湾は禁止対象外だが、入境に際しては全員が隔離対象となり、他の外国への渡航歴がある場合は入境を拒否する。
 さらに、香港国際空港の全乗り継ぎを停止し、欧米からの全入境者にウイルス検査を行う。入境禁止は延長もあり得る。 (C)時事通信社