【北京時事】中国湖北省政府は24日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、1月23日から実施していた同省武漢市の封鎖措置を4月8日に解除すると発表した。武漢市以外の都市は3月25日に封鎖解除を実施。武漢市は最初に感染が広がったが、封鎖から2カ月を経て沈静化に一定のめどが付いたと判断したもようだ。
 武漢市では感染防止のため、鉄道や航空便が停止され、高速道路も封鎖されるなど厳しい移動規制が行われてきた。湖北省政府によると、25日午前0時(日本時間同1時)から武漢市を除く湖北省で道路の封鎖を解き、省が健康だと判断した人は通行を認め、4月8日午前0時からは武漢市でも同様の措置を取る。国営中央テレビは、湖北省にある3空港が3月25日に運用を再開すると伝えた。
 省政府は「感染による損失を最小限にとどめ、全省の経済社会の発展ができるだけ早期に正常な軌道に戻るように努力する」と強調した。学校の再開時期は「感染状況に基づき科学的な評価を経て決定する」としている。 (C)時事通信社