新型コロナウイルスに感染したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者を受け入れた自衛隊中央病院(東京都世田谷区)は24日までに、陽性者104人の症例報告をまとめた。入院時に陽性者の約8割は無症状か軽症だったが、コンピューター断層撮影(CT)で調べると、その約半数の肺に異常な陰影が認められ、悪化した人もいた。防衛省の医療専門家は「初期診断でのCTの有効性を示すものではないか」と指摘している。
 同省によると、国内で最大規模の新型コロナの症例分析とみられる。報告は医療従事者向けに、同病院のホームページに掲載された。
 同病院は、船内のPCR検査で陽性となり搬送された人のうち、公表に同意した104人の症例を分析。入院時の症状は発熱、せきの順に多かった。平均年齢は68歳で、48%に基礎疾患があり、高血圧が最多だった。
 入院時は無症状と軽症者がいずれも約4割で、重症者は約2割。無症状や軽症であっても、胸部CT検査では約半数に異常陰影が認められた。その約3分の2は症状が変化することなく回復したが、残る約3分の1は悪化した。CT検査で肺に新型コロナの患者に類似する陰影があっても、PCR検査では陰性となるケースもあった。 (C)時事通信社