【ニューヨーク時事】米ホワイトハウスのバークス新型コロナウイルス対策調整官は24日の記者会見で、感染者が急増しているニューヨークを数日以内に訪れた人に対し、「ウイルスが他に拡散しないよう14日間自主隔離すべきだ」と要請した。ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計によると、米国の感染者は5万3000人を超え、死者は706人になった。
 バークス氏は「ニューヨーク市圏の状況を深く懸念している」と強調。「ニューヨークを過去数日以内に離れた人は出発前に(ウイルスに)さらされた可能性がある」と述べた。ニューヨーク州の感染者は24日午前の時点で前日から4790人増え2万5665人になった。 (C)時事通信社