【ロンドン時事】英王室は25日、チャールズ皇太子(71)に新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たと発表した。症状は軽く、他に健康上の問題はないという。皇太子はエリザベス女王(93)の長男。
 王室の声明によると、皇太子は現在スコットランドの邸宅でカミラ夫人(72)と共に自主隔離中。夫人も検査を受けたが、陰性だった。報道によれば、皇太子は23日に検査を受け、翌日結果が判明した。
 皇太子が最後に公務を行ったのは12日だが、その後も多数の私的な会合に出席しており、王室は「どのようにしてウイルスに感染したか確認するのは不可能」と説明している。皇太子は最近、公の場で人と会うときには握手を避け、胸の前で手を合わせるあいさつを実践していた。
 皇太子は12日にエリザベス女王と会っている。女王が検査を受けたかどうかは不明。女王は今月中旬以降「予防措置」として公務を取りやめ、19日から夫フィリップ殿下(98)とともにロンドン近郊ウィンザー城に滞在中。王室によると、女王の健康に問題はないという。 (C)時事通信社