厚生労働省は25日、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策について、全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)らと意見交換した。席上、加藤勝信厚労相は「今後の備えをよりしっかりしていくきっかけにしていただきたい」と述べ、感染拡大防止に向け改めて地方側に協力を呼び掛けた。
 知事会は意見交換に先立ち、加藤厚労相に緊急提言書を提出。具体策として▽新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく政府対策本部の速やかな設置▽政府が基本対処方針を策定する際の事前の情報提供▽患者数が大幅に増えた場合の入院医療提供体制の整備▽マスクや消毒液の調達に関する財源措置の柔軟化―などを求めた。 (C)時事通信社