外務省は25日、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、アイルランド、スウェーデン、ポルトガルの欧州3カ国の感染症危険情報を「渡航中止勧告」のレベル3に引き上げた。
 また、タイやシンガポールなど東南アジア7カ国と、イスラエル、カタール、バーレーンの中東3カ国、アフリカ中部のコンゴ(旧ザイール)の計11カ国を、レベル2の「不要不急の渡航中止」に指定した。 (C)時事通信社