【ワシントン時事】トランプ米大統領は25日、世界保健機関(WHO)による新型コロナウイルスへの対応について「とても不公平だという声が多い。中国に肩入れし過ぎており、それを不満に思っている人も多い」と批判した。ホワイトハウスで開いた記者会見で語った。
 トランプ氏は、WHOに「いい人も大勢居る」としながらも「中国寄りだということは、何年も前から聞いている」と指摘した。同氏はかねて新型コロナウイルス対応で「習近平・中国国家主席は頑張っている」と評価する一方、中国が早期の封じ込めに失敗したため「世界は大きな代償を払わされている」などと批判している。 (C)時事通信社