【バチカン市AFP時事】フランシスコ・ローマ教皇(83)と同じ宿舎に住む教皇庁(バチカン)のイタリア人聖職者が、新型コロナウイルスの陽性反応が出て入院した。イタリア各紙が26日、バチカン筋の話として伝えた。この聖職者は「教皇に最も近い協力者の一人」という。
 フランシスコ教皇は先月末に風邪を引いて以来、大半の時間を宿舎で過ごしており、用心のため「しばらくの間、自室で独りで食事を取っている」(スタンパ紙)という。これらの報道についてバチカン報道官はAFP通信に、確認も否定もできないと述べた。 (C)時事通信社