【北京時事】中国政府は26日、発給済みの査証(ビザ)や居留許可証を持つ外国人の入国を28日午前0時から禁止すると発表した。新型コロナウイルスの発生当初は中国人に対する他国の入国制限を批判していたが、世界的な感染拡大を受け、ウイルスの逆流入を阻止するためすべての国を対象に入国制限を導入する。
 中国外務省などが発表した公告では「多くの国を参考に、やむを得ず取る臨時的な措置だ」と釈明。ビジネスや人道上の必要性がある場合は、在外公館にビザを申請できるとしているが、審査基準は不明だ。 (C)時事通信社