兵庫県立こども病院(神戸市)は27日、同病院で気管狭窄(きょうさく)症などの治療を受けていた3歳未満の男児の処置中に医療事故があったと発表した。男児はその後亡くなった。病院は今後、調査委員会を設置し、事故原因を検証する。
 同病院によると、2月3日、担当医らが気道を確保するために首に通している管「カニューレ」を抜き、チューブを鼻から気管に通す処置中に、チューブが片方の肺に入ってしまったという。その後、男児は低酸素による脳死状態となって、今月17日に亡くなった。
 男児は先天性の心疾患と気管狭窄症を患っており、治療のため同病院に入院していた。中尾秀人院長は「深くおわび申し上げる。再発防止など信頼の回復に取り組む」と謝罪した。 (C)時事通信社