新型コロナウイルスに感染し、イタリア・ミラノの病院に入院した患者59人に嗅覚か味覚の障害が生じたか尋ねたところ、いずれかに障害がある人が3割超の20人に上ったとミラノ大などの研究チームが28日までに発表した。20人のうち11人は両方に障害があり、さらにこのうち5人は嗅覚も味覚もない状態だった。
 論文が米感染症学会誌クリニカル・インフェクシャス・ディジージズ電子版に掲載された。研究チームは、嗅覚や味覚の障害が新型コロナ感染の初期症状の可能性があるとした上で、感染を疑う項目に取り入れるかは、入院に至らない患者を多数調べる必要があると指摘している。
 日本では嗅覚や味覚の異常を訴えたプロ野球阪神の選手らが感染検査で陽性とされた。
 ただ、日本耳鼻咽喉科学会がホームページに掲載している一般向け説明では、嗅覚、味覚の障害は通常の風邪などでも起きることがある。日本鼻科学会の嗅覚障害診療ガイドラインによると、嗅覚障害を伴う風邪の原因ウイルスはライノウイルスや従来のコロナウイルスなど多数ある。
 英耳鼻咽喉科医会の発表によると、新型コロナ感染により嗅覚障害となった患者はイタリアや中国、韓国などで多く、ドイツでは3人に2人以上の割合とする報告もあった。米耳鼻咽喉科・頭頸部外科学会は新型コロナ感染に関連する嗅覚、味覚障害の症例報告を呼び掛けている。 (C)時事通信社