【シドニー時事】オーストラリア政府は29日から、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、飛行機や船で帰国した人を対象にホテルなどの宿泊施設に14日間にわたり強制隔離する措置を実施する。同国で増加している感染者の多くが「帰国組」のためで、国防軍も投入して隔離の管理を徹底する。
 豪州の感染者は数週間で急増し、3000人を突破。うち約3分の2は帰国した人々が占めている。豪州では外国人の入国が既に原則禁止され、部屋が確保しやすくなっている。モリソン首相は「時間の経過とともに他の国から戻ってきた人々によるリスクが高まっている」と表明した。 (C)時事通信社