【ワシントン時事】トランプ米大統領は28日、新型コロナウイルスの感染者が急増中のニューヨーク州など東部の一部地域を対象に検討していた人の移動制限は「必要ない」と表明した。これに先立ちホワイトハウスで、記者団に「強制力のある隔離」の必要性を主張、指導力発揮をアピールしていたが、猛反発を受け、その日のうちに断念に追い込まれた。
 トランプ氏は断念についてツイッターで、ホワイトハウスの対策本部の勧告と、ニューヨーク、ニュージャージー、コネティカット各州知事との協議を踏まえた判断だと述べた。代わりに「疾病対策センター(CDC)が移動に関する厳しい注意事項を発表する」と説明した。CDCはこれを受け、3州の住民に不要な移動を14日間控えるよう求めた。 (C)時事通信社