【ワシントン時事】米海軍の病院船「コンフォート」が28日、新型コロナウイルス感染者が爆発的に増加するニューヨークに向け、バージニア州のノーフォーク海軍基地を出港した。30日にニューヨークに到着。31日から新型コロナ感染者以外の患者を受け入れ、ニューヨーク市内の病院で深刻化する病床不足を緩和する。
 コンフォートの出港を見送るために同基地を訪れたトランプ大統領は「この偉大な船はニューヨーク市民に向けた希望と団結のメッセージだ。われわれは共に戦っている」と強調。「(新型コロナという)見えない敵との戦争の最前線に向かう献身的な軍人たちに心から感謝する」と述べた。
 コンフォートは米海軍が保有する病院船2隻のうち1隻。1976年に石油タンカーとして建造され、87年に海軍に引き渡された後に改修された。全長約270メートルの巨大な船体に病床1000床と手術室12室を持つ「浮かぶ病院」として、戦地や災害被災地で傷病軍人や民間人の治療を行ってきた。 (C)時事通信社