【ソウル時事】韓国の丁世均首相は29日、新型コロナウイルスの対策会議で、4月1日から国籍や地域を問わずすべての入国者に対し、2週間の隔離を義務付けると発表した。韓国内に居住先がない場合には政府が提供する施設に強制隔離し、費用も負担させる。
 保健当局によると、韓国の感染者はこれまでに9583人で、半数以上が既に回復している。死者は152人。毎日100人程度の新たな感染が確認されているが、最近は欧米からの入国者の感染事例が増えており、今回の措置は国外からの感染ルートを遮断する狙いがある。 (C)時事通信社