新型コロナウイルス対策の政府の諮問委員会メンバーを務める日本医師会の釜萢敏常任理事は30日、日医の記者会見で、感染拡大を防ぐための緊急事態宣言について「諮問委メンバーではもう宣言した方がいいのではないかとの意見がほとんどだ」と述べ、現状が発令条件に該当しつつあるとの認識を示した。
 ただ、釜萢氏は「宣言による(社会への)インパクトは非常に大きい。総合的に判断することが必要だ」とも指摘した。緊急事態宣言の対象地域に関しては「東京だけに絞らず、周辺の県も危機的状況が近いとの認識でいる」と語り、感染者が増加する東京都以外の首都圏も対象となる可能性に言及した。 (C)時事通信社