新型コロナウイルス感染者が急増する東京都の感染状況について、厚生労働省のクラスター(小規模な感染集団)対策班が30日、分析結果を公表した。経路不明の感染者を対象に行動歴を分析したところ、夜のクラブやバーなどで患者集団が形成された可能性があるとの見解を示した。
 クラスター対策班の現状分析によると、経路不明者の約3割となる38人が接待を伴う飲食店で感染した疑いがあるという。このうち、20~30代は15人、40~50代は20人、70代は3人で、幅広い世代にまたがっているのが特徴だ。
 対策班のメンバーで、北海道大大学院の西浦博教授は都の記者会見に同席し、「夜の街での伝播(でんぱ)を止めることができると、まだ制御できると判断している」と話し、接待を伴う飲食店への立ち入りを控える必要性を強調した。 (C)時事通信社