陸上自衛隊は30日、秋田駐屯地(秋田市)に所属する20代の男性隊員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。自衛隊部隊内での感染確認は初めて。ウイルス対策を支援する災害派遣での活動はないという。
 陸自によると、隊員は27日から味覚と嗅覚の異常を自覚し、30日に受診して感染が発覚した。発熱など他の症状はない。
 隊員は3月に多賀城駐屯地(宮城県多賀城市)で訓練しており、陸自は休暇中の行動も含めて感染経路や濃厚接触者の確認に急いでいる。部隊運用に影響はないという。 (C)時事通信社