【ジャカルタ時事】インドネシア政府は31日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外国人の入国を4月2日から禁止すると発表した。駐在員ら長期の滞在許可を持つ者や外交官は対象外だが、観光客は空港を利用した乗り継ぎもできなくなる。
 インドネシアの国内感染者は31日までに1528人に上り、136人が死亡した。政府は感染ルートを含む詳細を明かしておらず、入国禁止の理由は不明だが、観光客らを対象にしたビザ免除を20日から停止している。
 インドネシアには昨年1610万人余の観光客が訪問。日本からは約52万人が有名リゾート地のバリなどを訪れた。 (C)時事通信社