【モスクワ時事】ロシア下院は31日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、隔離措置に違反して死者が出た場合に最大で禁錮7年の刑を科すと規定した法案を承認した。これまでは最大で禁錮5年だった。罰金も最大で200万ルーブル(約278万円)が科される。法案は上院でも承認された。
 法案には偽ニュース流布に対する厳罰化も盛り込まれた。下院は通常は日にちを分けて行う3段階の審議を今回は1日で終わらせた。
 ロシアの感染者は2337人で、死者は17人。感染者は前日から約500人増えており、プーチン政権は警戒感を強めている。 (C)時事通信社