においや味が分からないという異常が生じた後、新型コロナウイルス感染が判明する例が相次いだことについて、日本耳鼻咽喉科学会は1日までに一般向けの注意文をホームページに掲載した。
 嗅覚や味覚の障害はインフルエンザや一般の風邪などでも生じることがある。このため異常を感じても発熱やせき、息苦しさ、だるさがなければ、不要不急の外出を2週間控え、体温を毎日測定し、こまめに手を洗い、人と接する際にマスクを着用するよう要請。2週間たっても改善せず、他の症状がない場合は耳鼻咽喉科を受診するよう勧めている。
 一方、発熱が続くなどの症状が出た場合は新型コロナ感染が疑われるため、帰国者・接触者相談センターに電話するよう求めている。 (C)時事通信社