日本医師会は1日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、国民に向けた「医療危機的状況宣言」を発表した。一部地域で病床が不足しつつあることや、感染により医療従事者が現場から離脱することへの懸念を挙げ、「医療提供体制を維持するため、自身の健康管理、感染を広げない対策、適切な受診行動をお願いする」と呼び掛けた。 (C)時事通信社