政府が新型コロナウイルスによる院内感染などを防ぐため、オンライン診療を大幅拡充する検討に入ったのを受け、厚生労働省は2日夜、検討会を開き、感染が疑われる患者らのオンライン診療について、過去の履歴が全くない初診患者を診察する場合を除き、おおむね了承した。
 検討会では、新型ウイルスの感染が疑われる患者や軽度の発熱がある患者を初めて診察する際、かかりつけ医などから過去の診療記録を入手できる場合のオンライン診療は大筋で認められた。一方で、過去の履歴が全くない初診患者を診察する場合は、安全面を懸念して委員から「感染拡大が深刻化した地域といった極めて限定的な条件下で実施すべきだ」などの慎重意見が相次いだ。 (C)時事通信社