【ワシントン時事】トランプ米大統領は2日の記者会見で、新型コロナウイルス対策として日本を入国拒否の対象に加える可能性について「考えている」と述べ、検討対象になり得るとの認識を示した。日本政府が入国拒否の対象に米国を加える方針を決めたことを受け、米国も同様の措置を講じるかどうかに関する質問に答えた。
 トランプ氏は「さまざまな入国禁止を考えている。われわれは多くの国がやる前から実施してきた」と強調。日本政府の判断について「問題ない。彼らは自国を守ろうとしており、われわれは米国を守らなければならない」と理解を示した。 (C)時事通信社