安倍晋三首相は3日の参院本会議で、新型コロナウイルスの感染拡大について「少しでも気を緩めればいつ拡大してもおかしくない。まさに瀬戸際が継続している」との認識を重ねて示した。自民党の石田昌宏氏への答弁。
 緊急事態宣言の発令については「現時点ではまだ、全国的かつ急速なまん延という状況には至っておらず、ぎりぎり持ちこたえている」と慎重姿勢を堅持。その一方で、「必要な状況になれば、ちゅうちょなく行う」とも語った。 (C)時事通信社