【シンガポール時事】シンガポールのリー・シェンロン首相は3日、記者会見し、新型コロナウイルスの封じ込めに向け、学校や大半の職場を5月4日まで約1カ月間閉鎖すると発表した。ロックダウン(都市封鎖)に近づいたが、外出制限の発動は見送った。
 リー首相は「感染の急拡大を防ぐため、断固とした措置を講じる」と強調。8日に学校を閉鎖後は、児童・生徒はオンライン授業も活用して在宅で学習する。職場は7日から閉鎖されるが、スーパーや病院、交通機関、銀行、物流などは営業を続けられる。飲食店は店内飲食が禁じられ、持ち帰り専門となる。
 マスクに関する政策も転換。買いだめを警戒して「健康なら着用不要」と訴えてきたが、他人への飛沫(ひまつ)感染を防ぐ効果を認め、再利用可能なマスクを全戸に配布することを決めた。
 国内の感染者数は3日時点で1114人に上り、5人が死亡した。 (C)時事通信社