【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)欧州委員会は3日、新型コロナウイルス対応で必要な医療機器や保護装備品を第三国から輸入する際の関税と付加価値税(VAT)について、一時的に免除すると発表した。価格抑制を図ることで、供給不足が深刻化しているマスクや人工呼吸器、検査キットなどを医療機関が入手しやすいようにする。
 1月末から遡及(そきゅう)して7月末まで適用。状況に応じて延長も検討する。フォンデアライエン欧州委員長はビデオ声明で、「われわれは医療従事者や病院の味方だ。さらに助けられることは何でもする」と強調した。 (C)時事通信社